自転車のチャイルドシートに乗車可能な子どもの目安

チャイルドシートに乗車可能な子ども 近年では、自転車を通勤や通学、買い物など出かける際などに、利用する方が増えているようです。
なかでも、幼児を乗せてお出かけしたり、幼稚園や保育園などの送迎に使われている方も多くみられます。
そんな時に大切なのが、自転車に取り付けるチャイルドシートになります。
このチャイルドシートには、前乗せ用と後ろ乗せ用があります。
さらには、前後に乗せることも可能なようですが、ルールや安全に十分注意をする必要があります。
前用に乗せることができる子どもの年齢は、1歳~4歳くらいが良いとされ、体重は15kg以下になっています。
一方後ろ用には、年齢が2歳~6歳くらいとされていて、体重は22kg以下となっています。
最近販売されている自転車には、チャイルドシートが標準装備されていて、ハンドルがふらつきにくく安定した製品があります。
利用する頻度などを考えて、購入されるのがいいでしょう。
子どもの安全に考慮して、選択し使用しましょう。

自転車の盗難を防ぐためには鍵が重要

自転車の盗難を防ぐためには鍵は不可欠です。
しかし、最初からついている鍵のみだと、簡単に壊されてしまう可能性が高いです。
なので、出来るだけもう一つ鍵を購入して、元々ついている鍵と合わせて二つの鍵でロックするようにしましょう。
これはツーロックと呼ばれる方法で警察でも推奨しています。
では、後から購入する鍵はどのようなものがいいのでしょうか。
自転車の鍵にはいくつかの種類がありますが、一番売られているのがチェーン状のものです。
タイヤに巻いたり、あるいはフレームと地上に置かれているものと結びつけたりして固定します。
ロックは鍵か、もしくは暗証番号をセットして行います。
ただ、チェーン状のものは切断されやすいので、ロードバイクなどの高級自転車だと不十分な場合も少なくありません。
なので、高級自転車を駐車する場合は、U字ロックと呼ばれるタイプの鍵を使用するのがいいでしょう。
このタイプの鍵も切断不可能というわけではないですが、チェーンロックと比べると頑丈なので狙われにくくなります。

pickup

SSL証明書について調べる

最終更新日:2018/6/22